今日中にお金を借りたい時のおすすめの金融紹介しています

しまった・・急な出費でお金がない!
そんなピンチを乗り越えるなら金融でお金を借りるのはとても便利です。

 

お金が足らない時に、利息を払いたくないがために知人や家族に借りるという方法もありますが、人間関係を壊し信頼も無くしてしまいます。一度無くした信用を取り戻すのは難しく相手が家族でない場合、一生嫌われてしまう事も予測出来ます。

 

私の考えとしては利息を払ってでも金融からお金を借りるほうが失う物は少ないと思っています。金融はお金を貸すのが仕事ですので人間関係で困ることに発展する事はありません。
身近な人に迷惑や心配をかける位ならどうしても必要な時に賢く利用するというのが一番です。

 

消費者金融でお金はいくらまで借りれるのか

消費者金融の広告や公式サイトを見ると、最高限度額500万円などの表記をすぐに見つけることができます。CMなどを見ると手軽に利用できそうなイメージですが、実際にいきなり500万円を借りるのはほぼ無理です。消費者金融は保証人や担保が不要で、しかも今は当日または数日で融資を受けられます。普通に考えて、何もない人にいきなりポンと500万円は貸せないと思うのが普通です。
ではいくらまで借りられるのか、もちろん消費者金融や審査の結果によって変わりますが、1つの目安として30万円、これが初回で借入れできる標準的な金額となります。年収が少ないアルバイトであればそれより下がることもありますし、おまとめローンであれば初回でも100万円以上の借入れなどの例はあります。しかし、初めての消費者金融の申込み時には30万円程度の借入れを基準に考えておけば大きくはずれません。
では限度額の500万円を借りることはできないのかというと、これは契約後の実績によって変わってきます。単純に借入れと返済を繰り返していると、信用ができて限度額を増やしてもらえることがあります。少しずつ限度額を増やしていけば、最高限度額までの借入れも可能にはなりますが、ここまで増えてしまうと毎月の返済も10万円位になっていくので、お勧めはしません。

 

消費者金融を選ぶ時のコツ

消費者金融を選ぶ時のコツとして、大手の消費者金融を利用するのがお勧めです。これは消費者金融を選ぶ時の大前提となるのですが、その理由は主に3つあります。

 

1つ目の理由として、闇金などのリスク回避があります。消費者金融の金利は大幅に下げられましたが、未だに闇金を利用して違法金利で被害を受ける人がたくさんいます。名前も聞いたことが無いようなところでお金を借りるより、名前が全国的に知られている大手消費者金融を選んだ方が安全です。

 

2つ目の理由として、どこでも借り入れや返済ができます。大手消費者金融なら、全国に借入れ用のATMがあるだけでなく、コンビニのATMでも借り入れや返済が可能です。例えば旅行先でお金が足りなくなった時でも、大手消費者金融なら最寄りのコンビニで借入れができます。

 

3つ目の理由として、情報が手に入りやすいという安心感があります。大手消費者金融であれば利用者も多いです。何しろ公式サイトの内容が充実していて、仮審査で借入れできそうかどうかを即座に調べたり、毎月の返済がシミュレーションできたり、ネットから今の借入れ状況を確認できたりします。使い勝手の面で考えても、大手の消費者金融の方が便利です。

 

審査に落ちないようにするコツはある?

消費者金融のキャッシングを申込む時に、審査が不安だという人の割合は非常に多いです。元々がお金に困って利用する人が多いので、こんな状況の自分でもお金を貸してくれるのだろうかと不安になるのももっともかもしれません。審査では返済能力があるかどうかを、年収や勤務形態などから判断します。申込む時に急に年収が変わったりするわけではないのですが、それでも審査に落ちないようにするコツはあります。
第一に、申告内容は正確に書くことです。審査に通るためにと、他社からの借入れをないことにしたり、年収を多めに書いたりする人がいます。こういった嘘は大抵ばれるだけでなく、申告内容に虚偽があればまず審査は通りません。
第二に、短い期間に複数の消費者金融の審査を受けてはいけません。一度審査に落ちれば、いくつも連続で受けてしまう人もいますが、審査の結果についても記録に残ってしまいます。短期間で複数のキャッシング審査を受けてしまうと審査に通らなくなってしまいます。
第三に、理由を明確にすることです。例えば旅行など、遊び目的でのキャッシングの心証が悪いと勘違いし、生活費という名目でお茶を濁す人もいますがこれは間違いです。レジャー目的で利用する人の方が、生活に余裕があると判断されるので、審査に良い影響になるケースもある位です。生活費など、目的が大雑把すぎる時の方が、きちんと返済できるのか不安になるでしょう。
申告情報は正確に、レジャーや欲しい物の購入が目的であれば正直に、そして審査に落ちたら期間を空けてから他社の申し込みを行いましょう。2社以上落ちてしまった時の、再審査のタイミングの目安は半年以上です。