100万円借りるなら消費者金融か銀行どちらがいい?

お金を借り入れするとき、まず悩むのは「どこで借りるか」です。知識がない方からすればどこで借り入れすることでどんな一長一短があるのかなどなかなか判断がつきにくいことかと思います。
では例えば、100万円今から借りなければならない時、消費者金融と銀行カードローンとどちらが有利でしょうか。

 

まず、金額で判断をしようとすると少し語弊が生まれるかもしれませんので、判断の仕方を「100万円がいつまでに必要で、いつまでに返すことができるか」で考えてみましょう。まず、銀行で借りる場合は審査に時間がかかるため即効性に欠けます。ただし金利が低いため返済スパンがどうしても長くなってしまうという時は金利の低い銀行が圧倒的に有利です。

 

対して消費者金融の場合は即日融資などが謳われているように即効性があります。なので審査を行った当日に借り入れを受けるということもざらにあるため、すぐにお金が必要なときにいは有利です。ですが金利が総じて銀行より高めに設定されていることも多いため、すぐに返済することができるのであれば消費者金融の方が利便性には富んでいるかと思われます。実際の金利や審査スピードを見比べて後は利用者が吟味することが大切です。

 

100万円借りる時に金利以外で考慮するべき点

100万円借りるときは金額で借り入れする業者を選ぶのでは無く、「何時必要なのか、いつまでに返せるのか」で判断するのが得策だというのは前件で記したとおりなのですが、その他100万円という金額を借りようとした場合に考慮しておかなければならない点もいくつかあります。

 

その一つが総量規制です。簡単にいえばご自身の年収の3分の1に相当する金額までしか借り入れができないというルールです。貸金業法によって制定されているためヤミ金業者などでなければこの総量規制に抵触するような貸し方は行いません。つまり100万円借り入れしようと思えばどれだけ最低でも300万円の年収が無ければいけないことになるのです。

 

その他にも借り入れの日数でも金額が大きければ審査に時間を要することもありますし、金額が大きいことで振込にも時間を要することがあります。つまり借り入れする金額によって業者次第では即日融資などに対応していてもケースバイケースで対応出来ないこともあるのです。そのため実際に借り入れができるとして何時受け取ることができるのかというのを利用者側から問うてみることも大切です。後は、自分で返済の計画を立てて、その計画を守っていく覚悟があるかどうかが一番重要です。