プロミスは土日でもお金は借りれるの?三井住友銀行、ジャパンネット銀行なら可能

土日祝祭日に、急にお金が必要になってしまうこともあるでしょう。突然飲み会に呼ばれてしまった、突然の通夜、突然のデートの誘い。土日は、平日よりもそういったお金の必要な予定が突然入りやすいものです。

 

けれど、手元にお金がない、となると慌ててしまいます。ほとんどの金融機関は土日お休みのため急遽融資してもらうというのも難しいものですね。
しかし、プロミスなら、365日24時間営業しているので、土日だからと諦める必要はありません。ネットや無人契約機を利用して、申し込み、審査し、即日融資も可能なのです。

 

突然まとまったお金が必要な時に便利ですね。ただ、この場合、注意点があります。振り込むべき金融機関がお休みの場合だと、いくらプロミスが営業していても、振り込むことが出来ないのです。
金融機関はほぼ土日お休みなので、結局は振込キャッシングは無理のでは?と思うかもしれません。

 

けれど、振込指定場所が三井住友銀行か、ジャパンネット銀行であれば、土日祝祭日の振り込みが可能なのです。このいずれかの銀行口座を持っていれば、土日関係なくキャッシングを利用出来てしまいます。
今後、突然土日にキャッシングをする可能性が高い場合は、これらの金融機関の口座を作っておくと便利でしょう。

 

土日ならネット申し込みしてから無人契約機に行くという方法がベスト

 

無人契約機に行って、申し込み、審査し、カードをその場で発行してもらえば、即日融資が可能になります。
わざわざ金融機関へ行かなくても、その場で手続き完了となってしまうのです。

 

これは一見便利な機能のように感じますが、実際、無人契約機で契約した場合、その場にいなければならない時間が長くなってしまうというデメリットが存在してしまいます。
審査は30分程度という短時間で終了するのですが、それ以外にも必要事項記入などの作業が有るので、それらを含めると、手続きに1時間以上かかってしまう場合がほとんどなのです。

 

キャッシングを利用していることを誰にも知られたくない、家族には内緒の借入だ、と言う場合、1時間も無人契約機の前に居続けるのは危険ですし、内緒の借入ではなくても、人目に触れすぎることにはちょっと抵抗があるものですよね。
こんな時に便利なのが、自宅のネットで申し込みしてから無人契約機へ行く方法です。こうすることで、自宅で必要事項記入も、自分のペースでゆっくり行え、審査通過までの時間も自宅で待つことが出来るのです。そして、審査完了を確認してから、無人契約機へ行けば、すぐにカード発行手続きがとれます。自宅で契約まで完了する方法もありますが、これでは、カードをすぐに発行できません。

 

ネットで申し込んでから無人契約機を利用するというのは、とても便利かつ効率的な方法でしょう。

 

無人契約機のメリット・デメリット

 

全てネットで契約まで済ます方法もあるのですが、この場合、カードをすぐに手に入れることが出来ません。カードが送付されて来るまでの期間、待たなければならないのです。
申し込み、すぐに利用したい場合には、やはり店舗へ行くか、無人契約機を利用するしかないでしょう。

 

しかし、店舗や無人契約機を利用する場合、人の目に触れるというデメリットが存在してしまいます。誰にも見られずに、バレずに、こっそり契約し、利用したいと考える方が多いと思われる中で、無人契約機で申し込みから審査、契約、カード発行を全て行うのはやはり、あまりいい方法とは言えません。無人契約機の前で待つ時間が長くなりすぎてしまうからです。

 

その場で全ての手続きが完了し、カードもすぐに手に入れられるという点から考えると、メリットが大きいように感じられますが、実際は、長期滞在と言うデメリットが出てしまうのです。これは来店しても同じことが言えます。
すぐに申し込み、契約もその場で完了するのはスムーズでいいのですが、長期滞在すれば、それだけ、人目に触れる可能性が高くなってしまいます。

 

この場合、三井住友銀行のローン契約機を利用するのもいいかもしれません。こちらの契約機は外から見えないような設計になっているので、長時間滞在しても、出入りの瞬間だけ気を付ければ、バレずに契約を行うことが可能です。契約機としてのメリットを生かし、デメリット部分を最小限に抑えられる方法でしょう。