返せなくて延滞してしまったらどうなる?

キャッシングは便利ですが、毎月の返済にはリスクが伴います。何もこれはキャッシングの返済に限った話ではないのですが、勤めていた会社が倒産した、転勤で大幅に収入が減った、支出が増えた、等の事情で、毎月の返済や支払いができなくなる可能性は誰にでも起こりえます。それ程深刻でなくとも、今月は出費がかさんで返済が辛い、たまたま返済日に入金を忘れてしまったなど、延滞してしまうとどうなるのかは知っておいていいかもしれません。
闇金などの例外を除けば、大手消費者金融での延滞時の対応に大きな違いはありません。返済日に返済がなければ、翌日に消費者金融から確認のための電話がきます。今は携帯電話を持っている人がほとんどなので、自宅の電話ではなく携帯電話にかかってきます。これは家族ばれなどに対する配慮でもあります。
2〜3日折り返しの電話もなければ、督促状が届きます。こちらも封筒には消費者金融名は記載されません。やはり家族ばれなどへの配慮です。ここへは支払いの催促と、遅延損害金の説明などが記載されています。
1ヶ月以上払わないでいると、裁判所を通して訴えを起こされたりするので、できるだけ早く返済、連絡をしなければいけません。万が一返済が間に合わないとしても、きちんと連絡をしていれば催促や訴えは基本的にはありません。

 

延滞が続けば給料は差し押さえになる?

 

もしも延滞を1ヶ月以上続けてしまうと、法的手段に訴えられる可能性が出てきます。もしも実際に訴えられた時には、給料は差し押さえられてしまうのでしょうか?
1ヶ月以上の滞納は悪質な部類に入ります。とはいえ、1ヶ月以上滞納すると即座に差し押さえがあるわけではありません。むしろ1ヶ月程度の滞納で給料の差し押さえはほぼありえません。給料の差し押さえをされるのは、余程悪質で返事がない場合や、延滞が数か月に渡る場合くらいです。
そのため、返済できないのであれば、それなりにきちんと連絡を取るだけで色々と解決することがあります。例えば収入源で毎月の返済額10000円がどうしても払えないとします。きちんと事情を話せば、毎月の返済金額を減額するなどの相談にはきちんと応じてもらえるケースが多いです。差し押さえにおびえるよりも、早めの連絡、相談が大切です。
ちなみに、給料の差し押さえをされたとしても、全額持っていかれるわけではありません。差し押さえできる金額は、社会保険などを差引いた給与の1/4までと決まっています。給与が手取り24万円であれば、差し押さえで6万円までで済みます。それでも会社の給与から直接消費者金融へ返済されるので、会社バレは避けられません。どちらにせよ差し押さえは阻止するに越したことはありません。