自動車ローンを利用する際の注意点って?

自動車と言うのは、家の次に高額な買い物と言っても過言ではないと思います。特に新車の場合だと、数百万円となりますので、現金で一括払い、という場合は少ないのではないでしょうか。

 

ほとんどの方が、車を購入する際、ローンを利用すると思うのですが、このローンを組む際、注意しなければならない点がいくつかあります。
まず、それ以外のローンや公共料金などの支払いを滞っていないかどうかという事です。

 

一見、自動車ローンとは無関係のように思われますが、ローン会社もその後の返済能力を重視するために、過去の貸し付けに関して事故がないかどうか確認をするのです。
万が一、支払いが滞っているもの、延滞履歴などがあれば、車のローンの審査に通らない場合があるので、気を付けましょう。また、車を買うから自動車会社のローンと決めつけるというのも危険です。

 

もちろん、利用目的が決まっていないフリーローンやカードローンなどよりは、車など使う目的が決まったもののローンの方が金利は低く設定されているのがほとんどです。
しかし、今は、自動車会社ではなくても、金融機関や消費者金融でも、自動車ローンを取り扱っています。自動車会社よりも金利が低く設定されている場合もあるのです。
ローンを組む場合は、色んな金融機関の金利を下調べしてから行うと、よりお得に利用出来るでしょう。

 

自動車ローンで審査に落ちるケースはどんな時?

 

まず、審査に通らなかった場合、一番に考えなければならないのが過去のローン履歴です。クレジットカードやキャッシング、他のローンなどの返済履歴に傷がついていると、自動車ローンの審査に通らない場合があります。

 

また、キャッシングではなくても、使用している携帯電話の支払いを滞っていたり、公共料金を遅延、もしくは延滞の場合も審査に影響を及ぼすので、気を付けましょう。
良くありがちなのが、通信販売の支払いを忘れてしまっている場合です。商品と共にコンビニなどでの支払明細が届いた場合、これを払い忘れたままにしていると、これもまた自動車ローンの審査に影響を及ぼしてしまいます。

 

自己破産などの債務整理履歴が残っていたりしては、当然「返済能力がないもの」とみなされ、審査に通らなくなってしまうでしょう。
借りたものは期日までにきちんと返済していく、という当たり前のことをきちんと行っていくということが、今後お金を借りる場合に有利に進めていくための秘訣です。

 

さらに、新入社員であったり、転職を繰り返し、勤続年数が3年以下である場合、その後の支払い能力に見通しが立たないために審査に通りづらくなる場合があります。
定年退職後の60代も難しくなる場合があります。出来れば、30代から50代の、比較的収入が安定している時期にローンを組むようにするといいでしょう。

 

自動車ローンは金利で大きく差が付くので比較は大事

 

車を購入したら、自動車会社のローンを利用するという場合が多いかもしれません。手続きも面倒なので、購入し、そのまま担当の方にローンの手続きをお願いした方が楽ですよね。審査も比較的通りやすくなっているので、審査に通るかどうかの不安を抱えずに済むでしょう。

 

しかし、自動車会社のローンは若干金利が高いというデメリットがあります。車と言うのは決して安い買い物ではないので、数%でも金利が高いと、支払総額は大きく変わってくるものです。

 

その為、今は他の金融機関や消費者金融でも車ローンを扱っているので、その金利と自動車会社の金利を比較することが大切です。支払額はそれほど大きな違いがないように感じるかもしれませんが、長い目で見た時に必ず違いが生じてきます。

 

少しでもお得に買物をしたいと考えるのなら、少しの手間を惜しまない事が大切なのです。また、場合によっては保険会社のクレジットを利用した方が、通常の車ローンよりもお得になる場合もあります。

 

金利が他の車ローンより低く、さらにそのクレジットカードを利用することで、ポイントが多く貯まり、使い続けることで豪華な商品をゲットできる場合もあるのです。
車だから、「車ローン」と安易に考えず、色々なタイプの貸し付けを様々な方向から考え、比較し、検討することが大切です。