住宅ローンも比較するのがいい・一括で比較できるサービスもある

住宅ローンを組む場合、色々な金融機関でのサービス内容を比較し、最も有利であると考えられる金融機関に審査申し込みを行うのがベストです。
色んな角度、色んな方面から確認し、出来れば1円でもお得になるようにローンを組みたいものですね。この場合、確認しなければならないのは、次の項目です。

 

 

金利が安い

高いより安いに越しことはありません。他社より少しでも安い金融機関を選ぶとお得です。

 

 

繰り上げ返済など、手続きにかかる手数料が安い

せっかく金利が低くても、手続きするたびに高額な手数料を取られてしまっては意味がありません。
出来れば手数料無料か、もしくは少しでも安い金融機関を選ぶといいでしょう。

 

 

金利優遇条件が厳しくない

金利優遇されて、お得だと思っていたらそれなりに厳しい条件を突きつけられる場合があります。
その条件をクリアするために、労力が必要になるのであれば、考え物ですね。

 

保証料が安い

金利が低いけれど、その代わり保証料が高いと言う場合があります。保証料の金額と、利率を見比べて、どちらが得になるのか総合的に判断することが大切です。

 

これらの判断を自分達で1から下調べして、計算して、というのは大変なことでね。

 

仕組みが難しい場合は、そのサービス内容を理解するのにも時間がかかってしまいますから。
こんな時に便利なのが、一括アプリです。これはアプリをインストールすると、そこから1度の入力だけで複数の金融機関へ審査申し込みができるサービスです。同じ作業を何度も行う手間も省け、すぐに複数の金融機関のサービス内容を比較出来ます。

 

頭金ゼロで住宅は買えるのか

 

もちろん、頭金ゼロでも住宅ローンを組むことは可能ですので、手元にお金がなくても家を買うことはできます。

 

貯蓄があっても、いつどこで突然必要になるかわからないので、頭金として出さずに残しておくという方法も取れます。この場合、それにかかる登記費用や手数料などの諸費用も含めて住宅ローンを組んでくれるところと、住宅ローンとは別に「諸費用ローン」として分けて組む金融機関があります。

 

住宅ローンとして1本で組んでもらえるのならそれほど問題はないのですが、諸費用ローンとして分けられてしまうと、分けられた分のローンの金利が高くついてしまう場合があります。フリーローンと同じような扱いになってしまうからです。そうなると、借入総額は少なくても、いつまでも元金が減らないという事態に陥ってしまいます。こういった場合は、頭金として用意しておいた方がお得でしょう。

 

また、諸費用も含めて住宅ローンを組めた場合でも、予定額より借入額が増えるため、その分にかかる利息も当然増えてしまいます。結果として、期間延長になったり、返済額が増えたりするというデメリットは生じます。こういったメリットデメリットを考えた上で、頭金をどうするか検討するといいでしょう。

 

住宅ローンの審査に通らないケースとは

 

様々な金融機関のサービス内容を確認し、自分の理想にぴったり合った金融機関を見つけることが出来たとしても、必ずしもその金融機関で住宅ローンを組めるわけではありません。こちらに選ぶ権利があるように、金融機関側にも選択する権利はあります。他のキャッシングサービスと同じように、住宅ローン審査でも、その人の返済能力を重視しています。借りたものはきちんと返してもらわなければならないので、今後の返済に懸念が残る場合は審査に通過しません。

 

この審査に通過しない場合の大きな特徴を上げます。

 

・過去の借入で、返済延滞記録がある。
・借入時の年齢が若すぎる、もしくは高すぎる
・完済時の年齢が高すぎる
・勤続年数が短かすぎる
・正社員じゃない
・健康状態に不安がある
・収入が低い
・収入に対しての借入額が高すぎる
・収入に変動があり、安定していない

 

などです。

 

こういった不安要素があると、金融機関としては安心して貸し出せなくなってしまうのです。しかし、1社で審査が通らなかったからと諦める必要はありません。審査基準はその金融機関によって違うので、数社に申し込み再度審査してもらうか、不安要素を減らす努力をすることが大切です。