結婚式にはお金がかかる

結婚式の規模や形式、行う場所により差は生じますが、一般的に結婚式と言うのはお金がかかるものです。挙式と披露宴を行った場合、必要になってくるのが、会場使用料・挙式料・指輪代・料理代・飲物代・新婦衣装・新郎衣装・引き出物・ブーケ・写真代・ビデオ撮影代・演出料などです。
それぞれにランクもありますので、立派な食事に、大勢の招待客、お色直しが3回以上となると、さらに費用はかさんでいきます。

 

また、女性は、結婚式前のブライダルエステや美容室、ネイルサロンなどに通うことでお金がかかってしまう場合もあります。一般的には結婚式に、300万円から400万円かける場合が多いようです。

 

しかし、全額新郎新婦で用意しなければならないわけではありません。親族や友人からのご祝儀、援助などももらえますから、基本的には200万円弱の貯蓄があれば賄えるようです。

 

ただ、貯蓄を全額結婚式に使用してしまっては、その後の生活に支障をきたしてしまいます。新居を構えるために、アパートやマンションの敷金、家賃なども発生します。
新居で生活していく為に家具、家電一式も必要でしょう。新婚旅行なども計画しているのであれば、結婚する前にある程度のまとまったお金が必要だということは一目瞭然でしょう。

 

結婚式までにどれくらい貯金があればいいのかな?

 

一般的な結婚式を考えているのであれば、ご祝儀、援助を予測して、200万円くらいの貯えがあれば、滞りなく式と披露宴を執り行えます。しかし、結婚は式だけが全てではありません。むしろその後の生活の方が重要です。

 

例えば、お互い実家暮らしで、1から家具や家電などの生活必需品を揃えなければならなかった場合、その家具や家電の質にもよりますが、だいたい新居を構えるだけで100万円前後かかると言われています。

 

さらに、その後の生活のための蓄えとしていくらかは残しておきたいですし、新婚旅行を考えているのなら、その場所により膨大な費用がかかってしまうこともあります。ただ、この必要なお金は1人で賄うものではありません。2人が結婚する時に必要なお金なので、2人で貯めればいいのです。結婚式、生活費、蓄えなどの必要な額を半分にすると、1人につき、約150万円から200万円用意できれば十分でしょう。

 

しかし、これは決して少ない額ではありません。お金が用意できないからと結婚を渋る若者も増えているのが現実です。
今後の生活、新婦の希望通りの結婚式を考えると、プロポーズを迷ってしまう気持ちも、分からないでもありません。
結婚の予定がなくても、将来のために少しずつ貯蓄しておくと、突然の事態にも対応できるでしょう。

 

ブライダルローンを利用するケースとは

 

ある程度の結婚に必要なお金を知っていたにも関わらず、貯蓄が足りない段階で急遽式を上げることになってしまった場合はブライダルローンを考えるといいかもしれません。
突然妊娠が発覚してしまい、急遽出産前に挙式の必要が出来てしまったりすると、準備が追いつきませんよね。こんな時に、便利なのがブライダルローンです。

 

金利はその金融機関によって様々ですが、15%以内には収まるようです。他のローンと同じで、正社員で、安定した収入がある成人が対象となります。

 

また、急遽の挙式ではなくても、結婚する意志はあるのにお金が貯まらない場合や、親族からの援助を得られない場合、予想以上に結婚式に費用をかけすぎてしまった場合などにも利用可能です。

 

ブライダルローンと言うのは、結婚式に関するものへ当てる費用という前提での貸し付けなので、結婚式はもちろん、披露宴、新居、新生活などにかかる費用はブライダルローンで賄うことが出来るのです。

 

結婚式と言うのは、一生に一度の大切な行事です。お金がないからとケチってしまうというのは、寂しいものですよね。そんな時、心強い味方となってくれるのが、ブライダルローンです。