個人信用情報って何?

キャッシングで審査をする時には、個人信用情報がとても重要です。個人信用情報を一言でいうと、今までのキャッシングなどの利用履歴です。この情報は契約者本人以外の、消費者金融や銀行などの第三者機関からでもいつでも閲覧が可能です。例えば消費者金融で申込み手続きをした場合、審査時に必ず個人信用情報を調査しています。これによって他社の消費者金融だけでなく、銀行やクレジットカードのローンや、商品の分割支払いの利用や返済の履歴を調べることができます。
例えばすでにA社でキャッシングでの借り入れ中であるにも関わらず、他社借入れ0件と申告しても、ここですぐにばれてしまうのです。個人信用情報の重要な特徴として、現在の借入れ状況だけでなく過去の返済や支払いの履歴まで記録に残ります。これにより、例えば過去のキャッシングで毎月きちんと返済していたかどうかもわかってしまいます。もしも支払い遅れが頻繁にあった場合、すでに完済しているとしても審査に落ちてしまう可能性は高くなります。
個人信用情報に残る情報は、利用履歴だけではありません。もしも消費者金融の審査を受けた場合、審査の記録も残る点には注意が必要です。短期間での複数の申込みは審査に落ちる原因になるので、もしも審査に落ちた場合、次の申込みは半年経ってからにするのがよいでしょう。

 

JICC CIC KSCについて

個人信用情報は、信用情報機関に記録されています。日本での信用情報機関はJICC、CIC、KSCの3つです。それぞれの機関について共通しているのは、どれも取引情報の履歴を扱っている点と、手続きを踏めばその履歴を参照できる点です。とはいえ、個人情報に当たるので、例えば知人や家族の情報を調べることはできません。また、金融関連の企業については、どれかの情報機関に情報を提供する義務を負う代わりに、顧客の情報を閲覧することができます。

 

JICC

 

JICCは株式会社日本信用情報機構の略です。主に消費者金融の取引履歴の情報を扱っていますが、一部の金融機関や携帯電話の分割契約なども取り扱っています。ただし、次に述べるCICでも消費者金融の情報を扱っているなど、全ての情報をJICCで調べられるわけではありません。

 

CIC

 

CICは株式会社シー・アイ・シーです。クレジット会社や消費者金融の他に、携帯電話の通信事業者の情報が登録されています。3つの情報機関の中で、自身の情報をインターネットのみで開示できるのはCICのみです。

 

KSC

 

KSCは全国銀行信用情報センターの略です。名前の通り、銀行や信用金庫などの情報が登録されています。銀行のカードローンの他にも、住宅ローンなどの目的別ローンの情報も記録されています。