クレジットカードのキャッシング枠で借りるメリット

クレジットカードがあれば、給料日前でも、ちょっと大きな買い物でも、現金不要で買い物できて便利です。普段の買い物や公共料金の支払いなどもクレジットカードを使うだけでポイントが貯まります。そんなクレジットカードには、直接現金を引き出せるキャッシング枠と言うものがあります。これには消費者金融のキャッシングと比べていくつかのメリットがあります。
すでにクレジットカードを持っているならば、ATMですぐに現金を引き出せるというメリットがあります。消費者金融でもクレジットカードでも、初めの手続きには多少の時間がかかります。クレジットカードを持っていて、キャッシング枠を断っていなければ、審査などの心配もなく即座に使えます。

 

クレジットカードなので、利用に応じてポイントが貯まります。これはカード会社によって違いはありますが、キャッシングの利用でもポイントが貯まるので、ポイントで商品との交換ができるのはクレジットカード特有のメリットです。
クレジットカードのキャッシング枠は海外でも利用できます。海外では現金の持ち歩きは危険なので、クレジットカードを持っておくと何かと便利です。また、海外での保険が付いているというメリットもあります。

 

クレジットカードのキャッシング枠で借りるデメリット

 

もしクレジットカードを持っていないとしても、申込みの手間が同じであれば、ポイントがついて海外での利用や保険が付いているクレジットカードは優秀といえます。そのため、キャッシングではなく始めからクレジットカードを申込むというのは1つの考えです。しかし、クレジットカードのキャッシング枠にもデメリットはあります。
クレジットカードにはランクがありますが、ゴールドカードなどでなければ金利は高めに設定されています。とはいえ、これは消費者金融のキャッシングにもいえることなので、比較で言えばデメリットとは言えないかもしれません。

 

クレジットカード特有のデメリットとして、限度額の低さがあります。クレジットカードの場合、ショッピング枠とキャッシング枠があります。キャッシング枠のみのキャッシングと違って、キャッシングとして使える金額は分散される分少なくなります。
また、クレジットカードの性質上、つい使いすぎてしまうというデメリットもあります。ポイントが貯まるという点はメリットでもありますが、それが使い過ぎてしまう原因にもなってしまうのです。
そしてクレジットカードの場合、キャッシング枠は自動的にリボ払いになる場合が多いです。自動引き落としで一定額の引き落としになるので、使いすぎているという実感が湧かない可能性が高いのです。

 

クレジットカードでお金を借りてリボ払いすると利息が大きくなる?

 

クレジットカードのリボ払いでお金を借りると使いすぎているという実感が湧きにくくなります。クレジットカードのキャッシングでは、利息ではなく手数料という言葉が使われますが、どちらも意味は同じと考えて問題ありません。
リボ払いでは、手数料ではなく、利用残高に応じて、一定の金額を支払っていきます。例えば10万円までなら毎月の返済額は3000円、10万円超で5000円、といった具合です。例えば最初に5万円借りたとして、毎月の返済額は3000円です。しかし、そこから2万円追加で借りたとしても、やはり毎月の返済額は3000円です。この時点で7万円借入れしていることになりますが、毎月3000円返済をしていって、借入残高が5万円になった時点で5万円追加で借りても、やはり毎月の返済額は3000円です。リボ払いでは、追加でキャッシングをしても、毎月の返済額が変わりません。その為、たくさん借りているという実感が湧きにくいという特徴があります。

 

しかし、実際に借入れを繰り返すことになれば、払う利息(手数料)は大きくなります。借入れが5万円と10万円では、単純に払う利息は倍になります。しかし、毎月の返済額が変わらない為、その実感が湧きにくいのです。結果として、クレジットカードでは気付いたらたくさんの利息を払っていたという事態に陥りやすくなります。
これを解決する方法として、繰り上げ返済があります。クレジットカードの利用時には、毎月の返済とは別に、繰り上げでの追加の返済をすることで、払う利息を抑えることができます。