お金を借りる時に書類は何?

お金を借り入れするということは信用に基づいたサービスの利用ですので、それだけ信用してもらえるだけの情報が必要です。その情報を証明するための必要書類がいくつかあります。まず歯本人確認書類、大方保険証や運転免許証などが利用されることがほとんどです。そして次に必要なのが収入証明です。一番の肝と言ってもいいのですが、収入がどの程度あるのかを証明しなければお金を借り入れすることは出来ません。収入を証明しなければいけないという点については、大きなポイントが有ります。

 

収入証明書が必要な時はどんな時で何を用意?

 

収入証明書が必要な時というのは総量規制の判定のために利用されることがほとんどです。総量規制というのは金融業の面においては年収の3分の1以下までしか借り入れができないという貸金業法による決まりがあるのです。それに大手金融業者などであれば正社員であるということもステータスとして取り扱われるため、この書類は非常に重要な役割を果たしているのです。大方の場合収入証明書として利用されるのは給与明細です。社名、総支給額、控除額などを見た上で計算をおこない、更に信用情報と照らしあわせてそれぞれの業者によって定められている審査要項に基づいて、初めて借り入れができるようになるのです。