主婦はキャッシング出来るの?

主婦の場合は、専業主婦かどうかで事情が変わってきます。主婦であっても、パートなどで収入を得ているのであれば、消費者金融でのキャッシングは可能です。キャッシングは収入が少ないと利用できないということはなく、限度額が少ないなりにキャッシングは可能です。
ただし、専業主婦で収入がない場合には、少なくとも消費者金融でのキャッシングは難しいです。総量規制によって年収の1/3を超える貸し付けが行えないのが理由と言われていますが、これは少し語弊があります。総量規制には例外もあります。配偶者貸付けと言って、配偶者に安定した収入があれば、同意書などの書類を揃えることで、専業主婦でも貸し付けは可能です。
しかし、必要な書類が増えれば、チェックのために消費者金融側もコストがかかります。そのため、大手消費者金融では、専業主婦への貸付けを、同意書の有無関係なく断っているのが現状です。
では専業主婦がキャッシングをするのは不可能なのか、これについては1つだけ裏技があります。それは消費者金融ではなく、銀行のカードローンを利用することです。銀行によっては、専業主婦への貸付けを行っているところもたくさんあります。大抵10万円〜50万円程度に限度額は縮小されますが、中には夫の同意書不要で申込み可能なカードローンもあります。専業主婦がキャッシングをするなら、最初から銀行1本に絞って探した方が効率がよいでしょう。

 

パートでもお金を借りる事は出来るの?

キャッシングの申し込み条件として、安定した収入がなければ申込みができません。借りたお金は返済しなければいけないので、無収入では断られてしまいます。ただし、安定した収入があるのであれば、それがパートであっても借入れは可能です。主婦であっても、パートで働いているならばキャッシングは可能です。
大手消費者金融に関していうなら、パートの主婦であっても基本的にキャッシングの申し込みは可能です。逆に銀行のカードローンの場合には、パートやアルバイトの申込みを断っている所が多いです。パートで働いているならば、消費者金融のキャッシングを選んだ方が借りられる確率は高いでしょう。
正社員ではないパートだからといって、必要な書類が増えたり、保証人が必要になったりということはありません。また、金利面に関しても、パートだから高金利、返済額が増える、といった心配もいりません。一部銀行など例外はありますが、基本的には正社員と同じ条件でキャッシングが利用できます。
ただし、限度額に関してはパートの場合少な目になってしまいます。総量規制によって年収の1/3を超える金額の借入れはできません。年収300万円のサラリーマンなら100万円まで借入れができますが、例えばパートの年収が60万円であれば、限度額は単純計算で最高でも20万円となります。