お葬式にもお金がかかる

お葬式は、亡くなった方との最期のお別れをするための、大切な儀式です。しかし、この葬式には多額な費用がかかっていることをご存知ですか。
葬式と言うのは、年齢が上がるにつれて出席する機会も増えていくものですが、実際葬儀を執り行うというのはそう多く経験できるものではありません。

 

その為、相場などを知らないまま準備を進めなければならない場合もあるでしょう。前もって確認しておけば、突然の事態にも備えられます。では、葬儀に必要なお金についてお話していきますね。

 

まずは斎場費。
どこが管理している施設かにより、上下しますが、だいたい10万円〜30万円くらいかかります。

 

また、祭壇費や、祭壇周りを飾るための費用もかかります。祭壇費用はだいたい20万円前後。祭壇周りを飾るものとしては遺影、棺、骨壺、花、枕飾りなどがあげられますが、これらはランクによって値段は変わってきますが、平均すると合計で5万円から10万円くらいかかってしまいます。

 

それ以外にも、遺体を斎場まで運ぶための費用、霊柩車、送迎バス、故人の遺体を冷やす為のドライアイス、飲食費、お布施、香典返し、などを含めると総額150万円から200万円くらいかかってしまうのです。

 

これも、平均値をとっているので、上を見ればきりがないですし、勿論安く抑えることも可能です。しかし、基本的には故人のための葬儀なので、あまりケチりたくないという心情が働き、高額になるケースが多いようです。

 

葬儀のお金を安くする方法ってある?

 

葬儀に出席することは多くても、葬儀自体を執り行うのは人生の中でそう多いものではありません。その為、平均値や相場を知らないまま、業者に言われるがままお金を支払ってしまう場合がほとんどなのです。
また、まだ生きている間に見積もりを取るなどの準備も憚れるため、前もって準備をできないという難点があります。しかし、亡くなったらすぐに葬儀を行わなければならず、準備もないままにとにかく慌ただしい数日を過ごすこととなってしまうでしょう。哀しみに明け暮れている間に準備を進めなければならず、よく分からないから業者に全てを任せて・・・と言う場合も少なくありません。

 

すると、業者のいいように高額請求されてしまうこともあるのです。
そして、故人とのお別れの儀式に関するお金を値切りたくないという心情も含まれてしまい、結果として高くついてしまうのです。安くするためには、前もって、誰のためではなく、「葬儀を行うなら」という形で下調べをしておくことをお勧めします。
相場、平均値を知っておくことで、必要以上の高額な支払いを避ける事が出来るでしょう。また、葬儀の規模を小さくすれば、それだけ費用も安く済みます。
最近は家族葬や、火葬のみという場合も増えてきています。祭壇や棺、祭壇飾りなどのグレードも低く設定すると、その分安く収めることができるでしょう。

 

また、お住いの市と契約した上で行える市民葬というものもあります。市民葬を利用すると、一般的な葬儀の3分の1程度の費用で執り行うことも可能です。

 

最近はお墓がいらないという人も多い

 

一般的に、葬儀に200万円、お墓に300万円と言われています。このような高額な費用の負担を遺族にかけたくないと考える方が最近は増えてきているのです。
お墓を作れば、当然、その後の維持が大変になってくるでしょう。お墓の手入れ、掃除、立て直し費用、お参り。

 

お墓の管理が出来ず放置されていることも問題になっています。無縁仏になってしまうケースは増えているという事です。

 

ですので負担をなるべくかけずに逝きたいと考えるゼロ葬というものに注目が集まっているのです。墓を持たずに、遺骨を自然に返してあげるという発想は、必ずしも後ろ向きな考えではないとも思われます。
むしろ、新しい、前向きな形なのかもしれません。遺されたものにいつまでも、お墓管理の負担を感じさせる必要もなく、顔も知らない子孫にまで供養の義務を残すことなくキレイな海や空へ返る方が、潔くも素敵な終わり方のようにも感じられます。

 

しかし、親戚一同が同じように「お墓はいらない」と考えるわけではありません。一人の意見のために、葬儀も行わず、墓も立てないとなると、後々親せき同士の間でトラブルの元となってしまう可能性もあります。
そういったトラブル回避のために、自分が亡くなった場合、どうしてほしいかということを遺書として記しておくことが大切でしょう。