多重債務にならないように気を付ける事

多重債務とは、複数の消費者金融やクレジットカード、銀行などから借入れをしている状態を言います。毎月の返済も複数に増えると、負担も大きくなるのでそうならないように気を付けなくてはいけません。多重債務については、何故わざわざいくつものキャッシングを掛け持ちして利用するのか不思議に思うかもしれません。
キャッシング利用者の中には、安易に借入れを繰り返し、カードでの借入れがそれ以上行えなくなる人がいます。それでも欲しいものがあったり、返済が間に合わなかったりすると、その場しのぎで他のキャッシング会社に借入れをしてしまうのです。きっかけがどちらであっても、これを繰り返せば返済に首が回らなくなるのは当たり前です。
多重債務にならないように、限度額を超える場合に、安易にキャッシングに頼らないことです。消費者金融で返済ができなくなる人のほとんどが多重債務していることを忘れてはいけません。また、返済が間に合わずに他社からの借入れで返済に回す人がいますが、これもいけません。返済をしなくてはいけないという責任感は大切ですが、安易にキャッシングに頼るのではなく、正直にキャッシング会社に相談するのが正解です。事情があれば、返済計画の見直しに応じてくれる例はいくらでもあります。

 

複数の借り入れがあると借りにくくなる?

 

多重債務状態になると、他所での借入れはしにくくなります。キャッシングの申込み時には必ず審査があります。審査では名前や生年月日などの他に、必ず現在の借入れ状況について聞かれます。現在何社から、合計いくら借入れしているのかを申告しなければいけません。これは嘘をついてもすぐに調べられるので、本当のことをいうしか選択肢はありません。
すでに複数から借入れしている場合には、審査に与える影響はとても悪くなります。まず、すでに借入れしている状況でまだ借りようとしている時点で、余程お金に困っているか、管理能力がないと判断されてしまいます。どちらのケースであろうと、お金を貸して帰ってくるかどうかは不安になるのは当然です。
また、すでに借入先があるにも関わらず、他社で申込みをする人にはある特徴があります。それは、現在の借入先で、限度額の増額を受け付けてもらえなかったという可能性です。わざわざ他社でキャッシングの申込みをするならば、今の借入れ先で限度額の枠を増やしてもらえば解決するはずです。つまり、今利用している所で増額を断られる位、条件が悪い可能性が高いと判断されるのです。今利用している所が1社だけならまだ可能性はありますが、3社を超えるあたりから審査はかなり厳しくなると覚えておきましょう。